ようこそ! 「生命保険の見直しや選び方」へ
ポータルトップ  > 生命保険の注意点や問題点


生命保険の注意点や問題点

生命保険に入ったけど契約したいとき、あるいは不払いなどの問題に直面したときどうすればよいのでしょうか?

生命保険の予定利率って何?

生命保険の予定利率について知っていますか?保険会社は、あらかじめ資産運用により一定の運用収益を見込んでいます。その分保険料を割り引いているのですが、この割引率を予定利率というのです。つまり予定利率が高ければ保険料が安くなるというこです。 現在の予定利率はどの程度なのでしょうか。現在は1.5%程度で、平成初期の5.5%と比べると大幅に下がっているといえます。また解約返戻金の金額も以前の保険のほうが...

生命保険の掛け金が支払えない時

日本は世界で最も生命保険が普及していると言われています。しかし、その一方で、保険料を支払い続けることが出来なくなり契約解除されてしまう人も多いという現実もあります。 生命保険の掛け金が払えなくなる理由は、個々の事情により様々でしょうが、契約上に問題があるとすると、過剰な保障や必要ない特約をつけたために、保険料が無駄にかかってしまっていることも考えられます。また、定期付終身保険などでは、定期保険部...

生命保険加入の際の告知について

最近問題になっている告知義務違反による保険金不払いは、どのようにして起こるのでしょうか。 生命保険に加入する際、自分の健康状態の告知書を保険会社に提出するのが普通です。また契約の内容によっては医師の診断も必要な場合もあります。この時、もし健康状態に問題があった場合、保険に加入できないのですが、中には本当の健康状態を申告しないで保険に加入する人もいるのです。 このような場合に告知義務違反が適用され...

生命保険更新の際のポイント

現在、主流になっているのは定期付終身保険ですが、10年や15年更新型の定期保険に加入し続けているとどうなるのでしょうか。その場合、60歳になる頃には保険料が非常に高額になってきます。 定期保険は、通常自動的に更新されますので、そのことに気づかずにいると、いつの間にか保険料が上がっているということにもなりかねません。 それを防ぐためには、更新時期がきたら現在の自分自身の状況を省みて、無駄を省いていく...

生命保険と相続対策

生命保険を、万一のときの遺産として考えている方もいらっしゃると思います。ここでは、相続対策について考えてみましょう。 例えば、仮に所有する財産が家屋一軒のみという場合、複数で分配するということが難しいため、その所有権を争って家族に亀裂が入ることもありうるのですが、分けやすい現金という形で遺産を残すことが出来れば、無用な相続争いをある程度防ぐことも可能と言えるのではないでしょうか。 保険金もその一...

生命保険の不払い問題

生命保険に加入していても、保険金が支払われないこともあります。それは、告知義務を違反した場合、加入後2~3年後の自殺、契約者や受取人が被保険者を殺害した場合などです。 またガン保険でありながら、一部のガンで保険金が支払われない場合があります。このうち、告知義務違反による不払いでいくつかの問題が起きています。 その一つ目は、告知事項との因果関係が全くない病気に対して、告知義務違反と判断されるケースで...

生命保険の解約と解約返戻金について

現在加入している保険の内容に不満があったり、保険料を支払うことが出来なかったりした場合などは、その保険を解約することになるでしょう。 保険の解約は、保険証明、印鑑、身分証、通帳等を保険会社に持参して手続きを行い、解約の手続きが完了すると保険会社から解約返戻金が支払われます。この点は掛け捨て型の定期保険も例外ではありませんが、中には返戻金を0に設定している商品もあり、その場合は支払われません。 また...
結婚出会い