ようこそ! 「生命保険の見直しや選び方」へ
ポータルトップ >  生命保険の注意点や問題点  > 生命保険の解約と解約返戻金について


生命保険の解約と解約返戻金について

現在加入している保険の内容に不満があったり、保険料を支払うことが出来なかったりした場合などは、その保険を解約することになるでしょう。

保険の解約は、保険証明、印鑑、身分証、通帳等を保険会社に持参して手続きを行い、解約の手続きが完了すると保険会社から解約返戻金が支払われます。この点は掛け捨て型の定期保険も例外ではありませんが、中には返戻金を0に設定している商品もあり、その場合は支払われません。

また満期の場合は返戻金はありません。中途解約すると解約返戻金が戻ってきますが、その額は終身保険に比べれば少ないものです。

終身保険は、加入直後では保険料の多くが新契約費などに回り、あまり高額にはなりませんが、契約期間が長くなるほど金額が増えていき、結果的には支払った保険料の総額より高くなることもあります。また契約が一生涯ですから、保険料払い込み完了後でも返戻金が支払われます。

養老保険は、支払う保険料が高いのですが、返戻金もその分高額になっています。その点から、貯蓄重視型の保険ということもできます。この点を利用し、終身保険と組み合わせることによって、実質的な保険料を定期保険より引き下げることもできるでしょう。

ただし、保険料を下げるかわりに返戻金を低く抑えた、低解約返戻金型終身保険という保険もありますので、契約時には注意が必要です。

さて、支払われた解約返戻金ですが、保険を見直して契約を変更した場合は、新契約のための保険料に当てることになるでしょうし、あるいは学費や老後の生活費に当てる場合もあると思います。どのような用途でも問題はありませんが、解約返戻金には税金が課せられます。その点にも留意して解約を検討しましょう。

結婚出会い