ようこそ! 「生命保険の見直しや選び方」へ
ポータルトップ >  生命保険の注意点や問題点  > 生命保険の不払い問題


生命保険の不払い問題

生命保険に加入していても、保険金が支払われないこともあります。それは、告知義務を違反した場合、加入後2~3年後の自殺、契約者や受取人が被保険者を殺害した場合などです。

またガン保険でありながら、一部のガンで保険金が支払われない場合があります。このうち、告知義務違反による不払いでいくつかの問題が起きています。

その一つ目は、告知事項との因果関係が全くない病気に対して、告知義務違反と判断されるケースです。本来告知事項とは何の関係もない病気と関連付けられて、もらえるはずの保険金がもらえなくなってしまうのです。

また二つ目として、医師の診断がなく、被保険者の自覚もなかった場合に告知義務違反を適用させたケースです。自分が病気であることを知りながら申告しなかった場合なら被保険者側に問題がありますが、このようなケースはとても納得できるものではありません。

また、告知義務違反とは無関係の部分でも不払いの問題があります。不払い問題のなかでも最も多い問題は請求勧奨漏れによる不払いです。それは、保険会社側が保険金請求を受けた際に、同時に特約等の他の請求ができるのに、その可能性を契約者に案内しなかったため、被保険者からの請求が行われず保険金が支払われなかったというケースです。この問題は長いあいだ行政でも触れられませんでしたが、最近になってようやく問題視されるようになりました。

これらの問題の背景には、バブル崩壊後の不景気も考えられますが、保険会社の不誠実さや怠慢が大きな要因でしょう。しかし、被保険者、つまり私達も、人任せにせず、自分自身が加入している保険や特約の内容をしっかり把握し、確実に保険金を受け取れるようにしましょう。

結婚出会い