ようこそ! 「生命保険の見直しや選び方」へ
ポータルトップ >  生命保険の注意点や問題点  > 生命保険更新の際のポイント


生命保険更新の際のポイント

現在、主流になっているのは定期付終身保険ですが、10年や15年更新型の定期保険に加入し続けているとどうなるのでしょうか。その場合、60歳になる頃には保険料が非常に高額になってきます。

定期保険は、通常自動的に更新されますので、そのことに気づかずにいると、いつの間にか保険料が上がっているということにもなりかねません。

それを防ぐためには、更新時期がきたら現在の自分自身の状況を省みて、無駄を省いていく必要があります。

例えば、必要なくなった特約などを外したり、子供の成長に伴って不要になった定期部分の保障額を減らしたりできます。または定期型から全期型や終身型に切り替えることなどで、保険料をある程度抑えることができます。

これは、定期保険が保険として劣るということではなく、あくまで継続して加入するケースにはあまり向かないということです。定期保険の低額の保険料で保障が厚いという特長を生かせば、収入が少なく、生活に余裕があまりない若い頃や、小さな子供がいる家庭には利用しやすい保険といえるでしょう。

しかし、年齢を重ねるに従って、病気や死のリスクが高くなっていきますので、それにつれて保険料が大きく上がってしまうのです。それを知らずに保険に入っていると、保険料が急激に上がったように感じられ驚くことになります。

こうして考えてみると、やはり更新時期に保険の見直しを行うことは重要です。保険会社側も更新時期に「転換」プランを出してくることもあります。ただしこの「転換」プランは、それまでの保険を契約解除して、余計なプランを売り込んでくることもありますので気をつけましょう。いずれにしても、しっかり自分の生涯設計をしておけば安心です。

結婚出会い