ようこそ! 「生命保険の見直しや選び方」へ
ポータルトップ >  生命保険の注意点や問題点  > 生命保険加入の際の告知について


生命保険加入の際の告知について

最近問題になっている告知義務違反による保険金不払いは、どのようにして起こるのでしょうか。

生命保険に加入する際、自分の健康状態の告知書を保険会社に提出するのが普通です。また契約の内容によっては医師の診断も必要な場合もあります。この時、もし健康状態に問題があった場合、保険に加入できないのですが、中には本当の健康状態を申告しないで保険に加入する人もいるのです。

このような場合に告知義務違反が適用され契約を解除されます。しかし、契約の際に、どこまでを告知するのかがはっきりわからないため、自覚がないままに告知義務違反とされてしまい、保険金がおりなかったという事態も起こりえます。

実際に問題になった告知義務違反による保険金不払いの事例は、発症した病気とは無関係の病気を無理矢理関連付け、告知義務違反とされたものですが、告知義務のある病気の告知をしなかったために保険料がもらえない、ということを避けるため、ここで主な告知項目について見てみましょう。

まず、3ヵ月以内に医師の診察を受けたか。次に、過去2年以内の健康診断で異常(再検査、要精密検査も含む)がなかったか。また過去のがん経験、身体障害の有無なども含まれます。他には、慢性疾患にかかわる薬の服用、健康状態で気になる点、病気の自覚症状、職業、身長、体重なども必要となるケースがあります。

注意したいのは、もし、過去5年以内に精神科や心療内科に通院したことがある場合は、保険に加入できないことが多いという点です。この5年という年数は、心療内科や精神科の場合、医師が完治の診断をくだし、投薬も終了した時点からの年数になります。

このような告知項目は保険会社や契約により異なりますので、心配な点がある方は前もって調べておいたほうがよいでしょう。場合によっては保険の契約が難しいこともあるかもしれませんが、だからといって告知義務違反による契約解除期限が過ぎるまで申告しない、というようなことはしてはいけません。

結婚出会い