ようこそ! 「生命保険の見直しや選び方」へ
ポータルトップ >  生命保険の注意点や問題点  > 生命保険の掛け金が支払えない時


生命保険の掛け金が支払えない時

日本は世界で最も生命保険が普及していると言われています。しかし、その一方で、保険料を支払い続けることが出来なくなり契約解除されてしまう人も多いという現実もあります。

生命保険の掛け金が払えなくなる理由は、個々の事情により様々でしょうが、契約上に問題があるとすると、過剰な保障や必要ない特約をつけたために、保険料が無駄にかかってしまっていることも考えられます。また、定期付終身保険などでは、定期保険部分の更新で保険料が急に上がってしまうケースもあります。

万一、保険料が支払えなくなったとしても、多少の支払いの遅れなら保険会社も待ってくれることもあるでしょうが、滞納しすぎると失効します。また、保険料が払えなくなったために自ら解約するケースもあります。その場合、もし終身保険などの積み立てがあれば保険を継続できますし、解約返戻金があればそれを使って保険料を立て替えることができます。ただ、このとき保障期間は返戻金の上限までになります。つまりそれ以降は失効してしまうのです。ちなみにこれを自動振替貸付制度といいます。

解約返戻金を使った他の方法としては、保障を引き下げた保険に変更する払済保険、または同じ保障の定期保険に変更する延長保険などもあります。

この2つの方法は、一時払いの保険になってしまうので、その後の保険料はかかりません。ただし返戻金で払える分に限定されるため、それぞれの保障内容は変更前の保険よりランクが落ちてしまうのは避けられません。返戻金が多ければある程度の保障は確保できると思われますが、この場合、以前の保険の特約は失効し、新たに特約をつけることもできません。ただこのような方法をとれば解約せず保険を継続することができるのです。

しかし、一番必要なことは、しっかりとしたプランを立て、保険料不払いで解約という事態に陥らないようにすることです。あくまでも万一のときの最後の手段として覚えておきましょう。

結婚出会い