ようこそ! 「生命保険の見直しや選び方」へ
ポータルトップ >  生命保険の注意点や問題点  > 生命保険の予定利率って何?


生命保険の予定利率って何?

生命保険の予定利率について知っていますか?保険会社は、あらかじめ資産運用により一定の運用収益を見込んでいます。その分保険料を割り引いているのですが、この割引率を予定利率というのです。つまり予定利率が高ければ保険料が安くなるというこです。

現在の予定利率はどの程度なのでしょうか。現在は1.5%程度で、平成初期の5.5%と比べると大幅に下がっているといえます。また解約返戻金の金額も以前の保険のほうが基本的には高いため、昔の保険はお宝保険と呼ばれることもあるほどで、安易に解約しない方がよいと言われています。

しかし、利率が高い保険が必ずしもよいとは限りません。保険は、現在の利率に関係なく当時の利率で運用しなければならないため、保険会社には大きな負担(これを逆ざやといいます)が生じます。これが原因で、バブル崩壊後に破たんした保険会社もあるほどです。

いくら利率が高くても、保険会社が破綻してはどうしようもありません。万一破たんしても生命保険契約者保護機構の責任準備金によりある程度保障されますが、貯蓄分は減額も考えられますので、自分が契約している保険会社の格付等はまめにチェックしるようにしましょう。

一方、低利率の保険は、景気次第で配当金が出やすいと思われますが、高利率の保険より利益が出るとは限りません。現在の経済状況は先行き不透明で、不景気である現在の利率がすぐに上がるとは考えにくいからです。

もし高利率の保険を上回るとすれば、平成初期やバブル期の利率になったときでしょう。そこまで景気が上向けば、配当金も上がり、返戻金の金額もあわせた場合、利益が出るかもしれません。そのようなインフレは今のところ考えられませんが、保険会社の破たんによる被害をふせぐためには、格付の変動に気をつけて、転換、解約も検討していきましょう。

結婚出会い