ようこそ! 「生命保険の見直しや選び方」へ
ポータルトップ >  保険会社比較  > アフラック(アメリカンファミリー生命保険)


アフラック(アメリカンファミリー生命保険)

「アフラック」と聞いてテレビCMなどでおなじみのアヒル(アフラックダック)を真っ先に思い浮かべる人は多いでしょう。アフラック(アメリカンファミリー生命)は、日本と米国を基盤に営業している外資系生命保険会社です。

アフラックの格付けを見てみると、米国の権威ある格付会社である「スタンダード&プアーズ(S&P)社」によれば、「保険財務力」格付で「AA」というたいへん良い評価を得ています。この評価は本社・日本社ともに同評価ですので、保険金の支払い能力に支障があることはまず考えにくいと思われます。

アフラック本社は1955(昭和30)年、 米国ジョージア州コロンバス市にて設立されました。その後1958(昭和33)年には、がん保険の販売を開始しました。日本で初めてがん保険を発表したのはアフラックですので、アフラックに対してがん保険のイメージを持つ人も多いと思います。

現在、アフラックで主力になっているのは「がん保険f(フォルテ)」で、保険料が変わらない終身型のがん保険です。これはもちろんがんに対する保険ですが、「特約MAX21」をつけると他の病気にも対応できるようになっており、また他の特約をつけると死亡保障や他の生活習慣病にも対応することができます。

アフラックでは、保険に対して「生きるための保険」という考え方をしています。ですから、生命保険(死亡保険)よりも、がん保険、医療保険、介護保険に力を入れています。その点からすると、死亡保障を重視している方にとっては、他社と比べると少々物足りないかもしれません。そういう方は、自分だけで保険選びをするより、直接会社側と交渉してくれるライフプランナーのいる会社にするか、もしくはファイナンシャルプランナーに保険内容を相談し、自分にあったものを決めてから契約したほうがよいかもしれません。

アフラックの保険は、全般的に、死後の保障よりも「生きるための保険」を重視する人に向いているといえるでしょう。そのような方には、是非お勧めしたい保険です。

結婚出会い