ようこそ! 「生命保険の見直しや選び方」へ
ポータルトップ >  生命保険選びの基本  > 同条件でも生命保険会社ごとに保険料が違う


同条件でも生命保険会社ごとに保険料が違う

生命保険には「定期保険」、「終身保険」、「定期付終身保険」、「養老保険」、「医療保険」、「がん保険」、「介護保険」、「個人年金保険」、「こども保険」など、様々なものがあります。

各会社ごとに力を入れている分野が異なるため、同様の条件でも保険料が違ったり、たとえ保険料が高くても、それに見合う充実した内容だったりします。

まず、チューリッヒの「終身ガン保険」とアリコの「ザ・ガン保険」を比較してみましょう。チューリッヒの「終身ガン保険」はアリコの「ザ・ガン保険」と比べると保障額が少ないのですが、終身の保障が得られます。また、各種特約をつける事もできます。

一方、アリコの「ザ・ガン保険」は、終身ではなく掛け捨てです。10年更新で保険料が増えていきますが、その分保障内容は充実しています。どちらも低価格の保険ですので、これ以上の保障が必要な場合は、もう少し高額の保険を選択することになるでしょう。

また、同じ会社でも顧客に合わせて保障を細かく分けてある場合もあります。アフラックの「EVER」と「EVER HALF」は、保障が同じ上に、どちらも終身保険なのですが、「EVER HALF」は60歳以上になると保険料が半額になるかわりに契約時の保険料は割高です。

「EVER HALF」は、60歳からの保障を重視する方向けといえるでしょう。

最近では、海外の企業も参入しているため、これまでの例はごく一部です。自分のライフプランに合った保険を1人で見つけるのはなかなかむずかしいことです。1人で決めることが出来ない場合は、ファイナンシャルプランナーや保険会社に積極的に相談してみるのもいいのではないでしょうか。

結婚出会い