ようこそ! 「生命保険の見直しや選び方」へ
ポータルトップ >  生命保険選びの基本  > 生命保険料控除について


生命保険料控除について

生命保険料控除についてご存知ですか?保険料の支払いを申告することによって税金が安くなる制度です。

保険会社が発送する「生命保険料控除証明書」を、「給与所得者の保険料控除等申告書」(いわゆる年末調整)、あるいは確定申告で添付すると、所得から控除され、所得税や住民税が減額される場合があります。控除される金額は、払っている保険料によって変わってきます。

一例を挙げて説明すると、年間の保険料の合計が12万円の場合、所得税は5万円、住民税は3万5千円控除されるということです。「控除」とは、税金を計算する時、所得からその金額を引いた分に課税される、ということで、この金額が返ってくるということではありませんので気をつけてください。

実際の課税方法はもう少し複雑ですが、このケースの場合は、税率10%のとき控除される金額の10%、つまり所得税5000円、住民税3500円分税金が減額される、と考えてほぼ問題ないと思われます。

また、所得税の控除額は、支払った保険料により決まっており、保険料が2万5千円までは全額、2万5千円~5万円では保険料の半分の12500円、5万円~10万円では保険料の4分の1プラス2万5千円、10万円を超えた場合は一律5万円です。

この控除を受けられる条件は、保険金受取人が本人または、その配偶者または、その他の親族で6親等以内の血族か3親等以内の姻族である生命保険の保険料を払っている場合に限られています。

また、生命保険料控除以外にも、個人年金保険料控除もあり、個別に計算されるため、各々5万円、3万5千円の税金控除が受けられます。条件を満たしていれば税金が安くなりますので、保険に加入している方は自分の保険料などを確認してみましょう。

この制度を利用するときに必ず必要となりますので、保険会社から送られてくる「生命保険料控除証明書」は捨てたりしないで大切に保管しましょう。

結婚出会い