ようこそ! 「生命保険の見直しや選び方」へ
ポータルトップ >  生命保険選びの基本  > 生命保険と共済保険の違い


生命保険と共済保険の違い

共済とは、JA共済、COOP共済、全労済などの協同組合や、自治体等の、一定の職業や地域でつながる人々が団体をつくり、人の生死や災害などに一定の給付を行う事業のことです。

一般的に民間の生命保険より保険料の負担額が少ないといわれている共済ですが、生命保険との違いはどこでしょうか?

生命保険会社が扱っている生命保険は、保険業法を根拠法としています。一方、共済の根拠法は複数で、実施する団体も数多くあります。また根拠法のない共済などというものまで存在するのも事実です。

代表的な共済というと、サザエさんのテレビCM等で皆さんも一度は目にしたことがあると思われるJA共済があります。これは農業協同組合法を根拠法とする共済です。基本的には組合員のみの保障なのですが、組合員に対して一定の割合までですが員外利用でき、また出資金を出せば准組合員となり利用できます。特徴としては医療保障の充実があげられます。

次に全労済(全国労働者共済生活協同組合連合会)があります。全労済とCOOP共済は、消費生活協同組合法に基づいて運営されています。利用するには、出資金を払って組合員になることが必要です。

全労済の共済では、族保障、医療保障、生存保障、火災などによる住宅・家財の保障や、自動車事故による賠償責任の保障まで幅広く行ってくれるのが特徴といえます。

また、保険料が安価な上、生命保険と比べると配当金が多く、商品もわかりやすいです。「こくみん共済」も全労済の商品です。

COOP共済は最低限必要な保障を確保することが出来ます。「たすけあい」や「あいぷらす」などで、けが通院にも保障があるものもあります。激しいスポーツをする方などには合っているのではないでしょうか。融通が利かない部分もありますが、一部を除き審査が必要ありませんので、生命保険では負担が大きかったり、今までの保険にプラスする形で共済を利用するのもいいでしょう。

結婚出会い