ようこそ! 「生命保険の見直しや選び方」へ
ポータルトップ >  生命保険選びの基本  > 家族構成に適した生命保険を選択する


家族構成に適した生命保険を選択する

保険会社の外交員などに勧められるがままに、無計画に生命保険に入って、高い保険料で首が回らない。また、本当に必要なときに保険金を受け取れない。そんな状態にならないために、自分のライフスタイル、また家族構成に適した生命保険を選択することがとても重要になってきます。

例えば、独身の方は、遺族もまずいないので死亡保障はそれほど必要ないと思われます。結婚し、子どもがうまれるまでは医療保障を重視すると良いでしょう。また、若いうちに終身医療保険に入っておけば、結果的に保険料が安く済む場合もあるのです。

次に、家族がいる場合は、最低でもすべてのお子さんが自立するまでの期間は、万一の場合の生活の経済的負担を減らすために死亡保障を重視した生命保険を選ぶことになるでしょう。さらに、お子さんの成長につれて、生活費や教育費は変化していきますし、住宅ローンなどの返済にともなって必要な額は減ってくる場合もありますので、そのときに合ったプランに随時変更していく事も必要です。

また、短期間であれば、掛け捨ての方が保険料は安く済むので、掛け捨ての定期保険を選ぶのも一つの手です。50代をすぎてくると、老後が気になってきますので、、老化にともなう病気や、思いがけない怪我に備えて、再び医療保障重視の保険を選択することも必要になってくるでしょう。きたるべき老後に備えて、満期になったら保険金を受け取る事ができる貯蓄保険にも、あわせて加入しておくこともできます。

保険選びで重要なのは、ただ保険料が安いから、という安易な考えではなく、まず、自分に必要な保障は何かを考えることです。その上で、できるだけ保険料をおさえられる保険を選びましょう。保険料を抑えるためには、生命保険にはさまざまな特約がありますので、自分には必要ないものを切り捨て、必要なものだけを選択することもよいでしょう。保険料の最終的な支払い金額の合計は、家や車が買えるほどの金額になる場合もあるので、自分や家族が万一のときに助けてもらえるものと考えて、じっくり計画を立てましょう。

結婚出会い