ようこそ! 「生命保険の見直しや選び方」へ
ポータルトップ >  生命保険のタイプ  > 各種特約の考え方


各種特約の考え方

ここでは、生命保険には必ずといっていいほどついている、特約について考えてみましょう。特約とは、主契約を補う目的で、さらに保障を追加するものです。一般によく知られているのはガン特約や三大疾病特約でしょう。これらの特約は、主契約である定期、終身、養老保険等についてくるもので、特約のみで契約することはできません。

また定期保険や養老保険は、終身保険に特約としてつけることができます。このうち定期保険を特約としてつけた定期付終身保険は人気がある保険です。

このように、特約は多種多様で、付加できる条件や保障内容も会社によって異なりますので、保険会社の資料などでよく調べることが大切です。特約の契約期間は、基本的に主契約や保険料払い込み期間と同期間です。

では、特約はどのように選べばよいのでしょうか。まず主契約を決め、その上で特約をつけていきます。自分のライフプランを考えて、自分にとって必要なもの、不要なものを選別します。また見積りなどで保険料も考慮しながら特約をつけていきます。

例えば、25歳の男性に、60歳払い済みの終身保険に成人病入院特約をつけるとします。この場合、五大成人病で入院すると入院給付金が支払われますが、保険料を払っている間に限定されます。つまり、特約の契約期間が保険料の払い込み期間満了までのため、満了後の60歳からは特約の保障が受けられなくなるということです。特約分の保険料を支払えば一部例外もありますが、その場合も最高80歳までとなります。

また、一般的には、若い時に成人病特約などはよほどの場合でなければ必要ないと思われます。保険料の無駄をできるだけ省くためにも、自分のライフプランに沿って、どのタイミングで、どの保険、特約が必要なのかを見極めて契約しましょう。

結婚出会い