ようこそ! 「生命保険の見直しや選び方」へ
ポータルトップ >  生命保険のタイプ  > がん保険について


がん保険について

現在も多くの人ががんで苦しんでおり、日本人の死因の第一位はがんとも言われています。過去には不治の病と思われていたがんですが、現在は医療技術の進歩で治るがんも増えてきました。しかし、高度な医療のため、医療費が高額だったり、新薬など保険が適用されない治療を受けるケースも多く、患者の経済的負担は大きなものとなっています。

そこで注目されるのががん保険です。がん保険とは、がんに限定して保障が受けられる保険です。がんに特化されているため保険料が比較的低いですし、保障額はがんと診断されると100万円、150万円などとわりと高いのが特徴です。

さらに入院給付金は給付日数無制限で支払われ、その後の通院給付金もあります。また万一の場合には死亡保険金も出ます。もちろんがんにかからなかった場合は保険金は支払われず、それまで支払った保険料も戻って来ることはありません。

保険料の支払方法は2種類あり、生命保険と同じように、短期間の加入なら定期保険型、長期間なら終身型の方が保険料を低く押さえられます。解約返戻金は、支払われるものもありますが、あまり高額にはならないでしょう。これは返戻金の金額が支払った保険料によって決まるため、保険料が比較的安めながん保険では返戻金はその分少なくなるのです。

そういった点を鑑みて、貯蓄面よりも保障期間を重視して選ぶ方が良いでしょう。もし経済的に余裕があるなら、一生涯保障される終身型をおすすめします。また特約を活用して、保障の内容を自分にあった形に調節することもできます。

がんという病気の特性を考えれば、高度先進医療などにも対応できる保険を選んでおくのも安心です。

このように、がん保険は、がんという病気にかかった場合、大変メリットのある保険ですが、保険金が出ない場合もあります。加入後90日以内のがん、また古い保険では一部のがんで保険金が出ないものもあります。後から後悔しないためにも、どのがんに対応しているのかをしっかり確認してから加入することが大切です。

結婚出会い