ようこそ! 「生命保険の見直しや選び方」へ
ポータルトップ >  生命保険のタイプ  > 医療保険について


医療保険について

病気やケガをしたとき、通院や入院すると思いのほかお金がかかります。その際の経済的負担を軽くすることを目的として医療保険があります。医療保険は各保険会社や、JA、生協などの組合で加入することが出来ます。

医療を受けた際の公的な保障としては、「公的医療保険(健康保険)」があり、誰もが加入していますが、保障の範囲が限られており、また範囲内の医療でも、1ヶ月間の上限はありますが3割の自己負担額を支払う必要があります。

健康保険の対象外の費用としては、例えば差額ベッド代があります。これは大部屋以外の病室を選んだ場合にかかる費用で、病院によってまちまちですが概ね1日1,000円-10,000万円くらいかかります。また保険対象外の最先端医療や、家族の交通費、入院中の日用品などの雑費などもあります。このように病気やケガで入院するとなるとかなりの費用がかかりますし、仕事が出来ない期間は収入がありませんので、その間の家族の生活費なども考えなければなりません。

医療保険は、そのような健康保険では足りない部分をカバーするためのものです。生命保険で医療保障を備えるためには、2つの方法があります。

「医療保険」という医療保障を目的とした商品に単独で加入する方法と、定期保険などの主契約に「医療特約」をつけたす方法です。医療特約を付加する方法より、単独の「医療保険」の方が通常は融通の利く保障内容になっているといえます。

それでは、この2つの方法は具体的にどう違うのでしょうか。単独の医療保険に加入した場合、死亡保障はほとんどありませんが入院1日目から保障され、保障期間や保障の内容を自分にあった形で契約できるメリットがあります。医療特約の場合は、主契約が前提になりますので、医療保険のみの加入はできない上、主契約の内容によっては入院時の給付金の日額や保障期間に上限があります。さらに入院の最初の数日間は保障外となっているものが一般的です。ただしセットで契約できるため合理的で、特約も自由に組み合わせることができるというメリットがあります。

自分が現在加入している保険も合わせて考えてみて、入院やけがに備えるため、医療保険は是非検討しましょう。

結婚出会い