ようこそ! 「生命保険の見直しや選び方」へ
ポータルトップ >  生命保険のタイプ  > 「貯蓄型」終身保険について


「貯蓄型」終身保険について

終身保険とは、加入すれば一生涯保障され、死亡時期にかかわらず保険金が支払われる保険です。一生涯保障がついて、保険料も一定であるかわり、定期保険より割高になってしまいます。

以前は老後の保険として養老保険がありましたが、平均寿命が延びたこともあり、老後の前に満了になった場合は無保険の状態になってしまうため、現在は終身保険が主流といえるでしょう。

終身保険では、若いうちから加入しておけば、結果的に支払った保険料の総額が定期保険より安くなることもあります。また、掛け捨ての定期保険とは違って、途中で解約した場合解約返戻金が支払われます。

また、契約を継続していくと、60歳位になる頃には、返戻金が保険料より多くなります。この点により、終身保険は貯蓄型保険とも呼ばれています。

終身保険の欠点として保険料が割高である点を挙げましたが、保険料を抑えるためのプランもあります。保険料の支払いを一定の年齢で終了させる有期払い込み、一度に全額支払う一時払い、解約返戻金を抑えて保険料を下げる低解約返戻金型終身保険などです。また、変額型の終身保険もあります。こちらはインフレに対応した貯蓄面を考えたプランと言えるでしょう。

終身保険の欠点は、もう一つ考えられます。それは、加入後すぐ亡くなった場合、保険金が少ない点です。終身保険では、契約日から一定期間(ほとんどの保険会社は2年間と定めています)保険料を支払った後から一生涯保障になりますので、その一定期間以前の死亡保障は払い込んだ保険料に見合ったものとなり、どうしても保険金は少なくなってしまいます。

老後の生活を考えると、できるだけ終身保険に加入することが望ましいですが、自分のライフプランをふまえ、万一の場合の死亡保障がどれくらい必要なのかを考えて、定期保険等も活用した上で自分に最も適した保険に加入することです。

結婚出会い