ようこそ! 「生命保険の見直しや選び方」へ
ポータルトップ >  生命保険のタイプ  > 「掛け捨て」タイプ定期保険について


「掛け捨て」タイプ定期保険について

生命保険には、掛け捨てのものと、貯蓄性のあるものがあります。このうち「掛け捨て」の保険としては、具体的には定期保険があります。

貯蓄性保険としては、養老保険や終身保険などがあります。ここでは定期保険について考えて見ましょう。

定期保険とは、一定期間の保険期間を決定し、死亡または高度障害状態になった場合に保険金が支払われる保険です。いわゆる「掛け捨て」のため満期金はありません。

このため、支払った保険料が無駄になったように感じる方もいるでしょう。実際のところ、長い目で見ると終身保険の方が安上がりになると思われる場合もあるのです。

では、「掛け捨て」の保険を選択する場合はどのようなケースがあるのでしょうか。

まず、一つ目のケースとしては、ある程度の期間のみ重点的に保障を得たい場合です。例えば、家庭がある方は、子どもが独立するまでの一定期間は特に保障が必要となります。

保険料に比べて保障額が大きいですので、養育費、教育費の負担があるこの時期には、「掛け捨て」という部分を差し引いても効率的といえるでしょう。

この場合、保険額が少しずつ減るかわりに、保険料がさらに割安になる逓減定期保険というものも活用できるのではないでしょうか。

次に、二つ目のケースは、貯蓄性の終身保険の負担+特約の保険では保険料の支払額が収入に見合わず、負担が大きすぎる場合です。もちろん、終身保険は若いうちに入ると有利ですが、支払いが生活に多大な影響を与えてしまうようでは問題です。

しかし、無保険の状態では、現在の社会情勢から見て老後が不安です。そこで定期保険を選択するわけですが、ずっと定期保険のままというわけにもいかないので、いずれ終身保険を利用することになると思われます。そのときは、家族がいる方は定期保険にも加入しておく「定期付終身保険」を利用するといいかもしれません。

結婚出会い