ようこそ! 「生命保険の見直しや選び方」へ
ポータルトップ >  生命保険のタイプ  > 養老保険について


養老保険について

現在ではあまり聞き慣れないかもしれませんが、生命保険の一種に養老保険があります。養老保険は、以前は定期保険と並ぶ保険の主力でしたが、今は終身保険に取って代わられています。

昔は、現在より平均寿命が低かったため、老後の積み立てと万一の保障を養老保険でまかなえることが出来ました。しかし現在では平均寿命が延びた結果、保険未加入の状態が長く続くようになったため、終身保険が主流となりました。

では、現在では養老保険は不要なのでしょうか。養老保険の最大の特徴は、満期の場合の保険金と、死亡保険金とが同額であることです。つまり、満期まで保険料を払った場合も、途中で亡くなった場合も同額を得ることになります。

しかし、養老保険は、終身保険と比べると、保険料は割高になっています。また死亡保障は小さめですので、貯蓄重視の保険と言えるでしょう。

養老保険の支払方法は、月または年単位で支払っていく「平準払」と、一括で払い込む「一時払」の2種類があります。平準払は、契約者死亡時には受取人の保険料支払いが免除となり、死亡保険金を受け取ることができます。

一時払は、保障としてのメリットである保険料の免除はありませんが、利回りがよい点を利用して、金融商品として活用されていたこともあります。しかし、予定利率によっては元本割れすることもありますので注意が必要です。

どちらの支払方法を選んでも、保険料は他の保険より高いですので、貯蓄を重視するかた向けの保険と言えるでしょう。そのため、保障を手厚くしたい場合は、定期保険などの特約をつけることになります。

しかし、保険料に対する満期金は減りますので、貯蓄を重視するなら特約はつけずに契約したほうが有利です。保障重視なら、養老保険を特約につける終身保険等も売り出されていますので、そちらを選択する方法もあります。

結婚出会い