ようこそ! 「生命保険の見直しや選び方」へ
ポータルトップ >  生命保険のタイプ  > 定期終身保険について


定期終身保険について

生命保険の一つのタイプである終身保険に定期保険を特約でつけたものを定期付終身保険と呼びます。90年代までの保険の主流で、現在でも主力商品にしている会社が多く、加入者が多いと思います。終身保険を主契約にし、定期保険で保障を上乗せした保険です。

主契約が終身保険であるため一生涯補償が受けられ、定期保険の契約期間中はそちらからも補償が受けられるため、教育費などの負担を考えて加入する保険といえるでしょう。

定期付終身保険には、支払方法が2種類あります。掛け金の変わらない全期型と更新時に掛け金が上がる更新型です。

定期付終身保険の大きなメリットは定期保険特有の保険料の安さです。若い内に加入すれば、高めの死亡保障でも保険料を安く抑えることができるため、経済的余裕がない時点でも加入しやすい保険です。

また、更新型を選んだ場合、更新時に死亡保障額の見直しが可能ですので、その時点での教育費等を踏まえた上での運用ができます。これらを終身保険の一生涯保障、貯蓄のメリットと同時に受けられるのが定期付終身保険になります。

しかし、その反面、保障額を見直したとしても、更新時の保険料が大幅に上がってしまうというデメリットもあります。全期型ではこのデメリットはありませんが、更新時の保障額の見直しができないという柔軟性に欠ける点があります。ただ全期型では、保障額の変更がない場合、保険料が更新型より安くなります。

全期型も更新型もメリット、デメリットの両面を持ち合わせていますので、自分のライフプランに照らし合わせて、より合っているほうに加入するとよいでしょう。

最後に、定期保険特約の部分は、契約期間のみの補償になります。契約期間が切れると保障は受けられませんので、契約が切れたら保険の見直しをしましょう。一般的には定期保険特約部分の保障額は終身保険に比べて大きいのが普通ですので、契約期間のチェックを怠らないようにしましょう。

結婚出会い